アフィリで稼ぐ「Tomi」の検証ブログ

「ネットで稼ぐ」に特化したホンネを暴露するブログです

新型Nボックスについての紹介!内装はどんな感じ?

こんにちは、今回も検証の続きです。数日前からから書き始めていますが、今日が3回目の記事となります。

今回のテーマはこれまでとガラリと変わった内容。Nボックスについてです(笑)

記事ストックのなかにあったで、これを使わない手はないと思って記事として利用しました。

というか、「過去に公開したことある内容でもアドセンスに通るんか?」っていう懸賞でもあります。

では、早速どうぞ!

 

 2017年8月にモデルチェンジした、新型N-BOX(エヌボックス) 特にカスタム仕様は、幅広い年齢層で指示を集めていますね。

外装はもちろん、内装もこだわった新型N-BOX(エヌボックス)カスタム。

今回は、そんな新型Nボックスカスタムの内装&ターボ車との違いを紹介していきたいと思います。

新型Nボックスカスタム内装

新型N-BOX(Nボックス)カスタムのインパネ部分は、ブラックをベースにした、大人っぽ雰囲気。 なかなかおしゃれですね!  

ただ、ノーマルモデルと比べると、若干の圧迫感があります

ブロンズカラーのアクセントがいい感じです。 光の当たり具合によって見え方も変わる、光沢のあるパネル部分。ターボ車との違いは無いですね。

メーター

新型Nボックス・カスタム内装 新型N-BOX(Nボックス)のメーターは ダッシュボードの上に配置してあります

先代のメーターは、ハンドルのすぐ上にありましたが、移動した分ステアリング周りがすっきりして見えます。

しかも、メーターの下はちょっとした収納になっていて便利ですね。

カスタムはデザインも違う?

カスタムは、ノーマル仕様と比べて、メーターの デザインも違います。

メーターの丸い部分の枠組みがメッキ長になっていて、さらにメモリ部分もカスタムの方が細かく刻んであります。

ちなみに、インフォメーションディスプレイ(左側の液晶の部分)は一緒です。

ステアリング

ステアリングホイールは、ターボ車だけデザインが変わります。

(※ちなみに写真はターボ車)   ノーマルモデルは通常のウレタン素材のハンドルですが、ターボだけが本革巻きのステアリングになっています。

ターボ車のみ、パドルシフト パドルシフトも、ターボ車だけに装備されています。  

(※パドルシフトというのは、ハンドルの後ろに付いている、レバーのこと。

要は、ハンドルから手を離さなくてもシフトチェンジができるというもの。)  

正直、あんまり必要ないですけどね(^_^;) とりあえず、ターボ車には付いていると、覚えておきましょう。

シートのデザイン

カスタムのシートは、ブラックをベースにバーガンディーカラーのアクセント。 素材には、全面トリコット素材を使用しています。  

バーガンディーというのは、深みのある茶色。 と思ってもらったら良いと思います。

シートの中央には、結構太めのラインが入っています。

インパクトがあってカッコイイです。 シートの素材が違う。 新型Nボックスカスタム・内装 どちらも黒をベースにしたシート。

ただ、ターボとノンターボでは、素材に違いがあります

  • ノンターボ車:全面トリコット素材。
  • ターボ車は :シートのサイド部分に、プライムスムースを採用したコンビシートを採用。  

ちなみに、プライムスムースというのは、レザー調の合成素材です。 しっとりとした質感の素材で、汚れやシワに強いという特徴もあります。

写真で比べてみるとよくわかります。 レザー部分には縫い目が入っていて、高級感のあるアクセントに。

ターボ車には、後部座席にアームレストが装備されています。 ノーマル仕様の

まとめ

ターボ車だけの仕様をまとめてみました。 ステアリング(ハンドル)が革張り パドルシフト シートサイド部分に合成レザー&縫い目あり アームレスト 細部にまでこだわったデザインが印象的なカスタム&ターボ仕様。

開放感のあるノーマル仕様も個人的には好きですけど、やっぱりカスタムはカッコイイですね。 購入をお考えの方は、ひとつの参考にしてみてください 

 

という訳で、ここですでに15000文字を超えたので、以上で3記事目は終了。

次回はどんなことを書こうか迷っています。

ではまた次の機会に!

 

 

追記:というわけで、アドセンス審査には無料ブログでも合格できるということが証明されました。

 以下、証拠のアドセンス広告↓

 

やはり、検証してみないとわからないものですね

こんな感じで検証を続けていきますので

どうぞよろしお願いしますm(_ _)m